home sitemap contact us favorite 英語 韓國語



 
ㆍHOME > 特許情報 > 特許法

タイトル : 特許の要件
作成者  :  임현진 作成日 : 2008/06/15 17:05:23 照会 : 2,054
(1) 産業上の利用性:産業上利用することができる発明は特許を受けることができます(法第29条1項前段)。

(2) 新規性:次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることができます(法第29条1項1・2号)。

  1. 特許出願前に韓国内において公知、若しくは公然実施をされた発明
  2. 特許出願前に韓国内又は外国において、頒布された刊行物に掲載されたか若し
     くは電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明

(3) 進歩性:特許出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が前項各号に掲げる発明に基づいて容易に発明をすることができたときは、その発明については、特許を受けることができません(法第29条2項)。